スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内膜症と私~その③ 偽閉経療法終了後~

2011/10/19 Wed

こんばんは。

今日もこちらは真夏のような暑さ…暑いよ~


今日はこの前の内膜症の話の続き。

前回は偽閉経療法の治療のことを書きました。
今回は、その治療後のことを書きたいと思います。



散々副作用に苦しんだ治療のあと、また生理がくるまではだいたい2カ月~3カ月と言われていて、生理が来たらまたベビ待ちを再開しても大丈夫ということだったので、いつもはテンションの下がるリセット期間も、この時はとっても待ち遠しかったです。


最後の注射を打ってから1ヶ月半ほどして、ホットフラッシュや情緒不安定などの副作用も治まり、心身ともに落ち着きを取り戻してきました。

そして、最後の注射から2カ月半ほどして、再び生理が始まりました。


基礎体温は、治療を始める前ほどきれいなグラフではありませんでしたが、ちゃんと2層に分かれていたし、クリニックで排卵の確認も排卵前の内膜の厚さも確認してもらい、子宮も卵巣の機能も正常な状態でした。

さらに、内膜症によって腫れていた子宮の大きさも固さも改善し、ふかふかのベッドを作る下準備ができたようでした。


それ以降の生理は、私が治療を始める前の生理とは大分違っていたので、内膜症の症状が改善されるとこんな変化があるんだ!と強く実感しました。


治療後に改善したこと


・ひどかった頭痛や腰痛などのPMSが軽減した。

・生理痛が軽減した(まだ痛み止めは必要な程度ですが…)。

経血の色が変わった

経血にレバー状の塊がなくなった

生理の期間が短くなった


特に、赤字で書いた3つは劇的な変化です。


治療前は、赤茶色の暗くくすんだ色の経血でしたが、今は明るい赤色の経血で、以前はドロッとレバーのような塊が出ていましたが、今は全くありません。

そして、前はだらだらと7~8日間くらいあった生理日数も、だいたい5~6日間で終わるようになりました。


治療前と治療後ではこんなに生理が違うので本当に驚いたし、生理痛も軽減したので、肉体的にも精神的にも本当に治療をして良かったと思っています。


治療を終えてまた生理が始まって8カ月が経ちました。


その間、妊娠・流産がありましたが、内膜症に関しては治療をしたことで色んなことが改善したし、ベビ待ちには少し遠回りしたけど自然妊娠もできたので、結果的にはベビ待ちに関しても近道になっているのかなと思います。


今は生理が毎月あるので、生理があればあるだけまた内膜症は進んでいくと思います。
内膜症の一番の治療法は妊娠すること。それを一番望んでいますが、なかなかうまくいきません。


内膜症がまた進んでいってしまうことにやはり焦る気持ちはありますが、今は食生活や冷え性などの体質を改善することで、内膜症の進みにくい体づくり=妊娠しやすい体づくりをしていきたいと思います。



内膜症と私シリーズ(いつの間にシリーズ化!? 笑)は今回で終わりますが、またちょこちょこ内膜症情報を載せていきたいと思います。


内膜症で悩んでいるみなさん、内膜症と上手に付き合っていけるようにがんばりましょうね

そして、内膜症かも…と、ちょっとでも気になる生理の症状がある方は、迷わず婦人科に受診して下さい!!


自分の体と心、大事にしましょうね



にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ



スポンサーサイト

内膜症と私~その②、流産の原因?~

2011/10/15 Sat

こんにちは。

行楽の秋、食欲の秋、読書の秋、みなさんはどんな秋を過ごしていらっしゃいますか?

私は今のところ…食欲の秋です 
こちらは暑くて秋という感じはないので、ただの食いしん坊です(笑)



さて、この前書いた内膜症の話の続きを今日は書こうと思います。



初めて行ったウィメンズクリニックで『子宮内膜症』が発覚。


その後、漢方治療を続けてみようというDr.の提案により、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)という漢方を飲むことになりました。


私の場合、内膜症はそんなに重度のものではなかったので、今は様子をみながら穏やかに治療していくという方針で、Dr.は「漢方治療だけで自然妊娠している人もたくさんいるから、心配ないよ。」と心強い言葉をかけてくださいました。



漢方を飲んで何か劇的に効果があったか?と言われると…ハッキリとこんな風に良くなりました!!と自信を持って言えるほどの変化はなかったと思います。


でも、漢方を飲む前に比べて、経血の中にドロッとしたレバーのような塊が少なくなったような気はします。


そして、漢方治療を始めて5カ月目…妊娠していることがわかりました。


妊娠が分かってすぐに、漢方の服用を辞めるように言われたので、ここで漢方の治療はストップです。


結果的に妊娠しにくいと言われている子宮内膜症ながら自然妊娠することができたので、漢方を飲み続けてきた効果は少なからずあったのではないかなと、思っています。



初めての妊娠が分かって喜んでいたのもつかの間、妊娠7週で、切迫流産→進行性流産へと進んでしまい、残念な結果になりました。

この流産の時…、たまたま連休にあたっていたので、出血が増えてきた時点でかかりつけのクリニックに行くことはできず、救急外来を受け付けている総合病院での入院、手術になりました。


そして、その時の主治医はこれまたたまたま、「子宮内膜症の専門医」でした。


Dr.に今までの経過を話し、流産の原因はなんなのか?と聞いたところ


「流産の原因はわかりません。ただ、染色体の異常の避けられない流産だったかもしれないけど、あなたの子宮は内膜症の炎症によって子宮が普通の人より一回り大きくなって固くなっているし、内膜症によって子宮の内側が着床しても流れやすい状態になっていた可能性があります。」

ということを言われました。

もしかしたら、内膜症が原因で流産したかもしれない…そのことに私はとてもショックを受けました。

その時は胎児の染色体の検査もしていなかったし、今となっては2回続けて流産をしてしまったので、内膜症が原因なのか、他に原因があるのかますます分かりませんが、その時の私は、『内膜症のせいで…』と思うばかりでした。



そして、これからどうしたらいいかと相談すると、


「子どもが欲しいなら、今はひとまず我慢して、内膜症の治療に専念しましょう。そして、子宮が良い状態に戻ったところで、また子どものことを考えましょう。」


とのことで、Dr.からは半年間の偽閉経療法を勧められました。


正直、とても悩みました。

半年間の偽閉経療法。つまりは生理、排卵を止めるということ。

半年間生理を止めて、その後また生理が始まるまで2~3カ月。


トータル8~9カ月は赤ちゃんを授かるチャンスは皆無になってしまうということ…。


私は一日でも早くベビ待ちを再開したい気持ちがとても強かったのですが、

「このままの子宮の状態では『でこぼこのはげ山』に赤ちゃんを迎えようということだよ。治療して『ふかふかのベッド』にした方がいいでしょう?」

というDr.の一言で、偽閉経療法を受ける決心をしました。


そして、偽閉経療法をスタート。


初めは点鼻薬のスプレキュアを使い始めました。
1日3回、両方の鼻に1回ずつの使用でした。


治療を始めて1ヶ月弱…ここから、私の(正確には私と主人の)副作用との闘いが始まりました。


もちろん、この副作用は個人差があるので、すべての人に当てはまるわけではありません。


私に現れた副作用は、


ほてり(ホットフラッシュ)、倦怠感、頭痛、多汗、不眠、そして、情緒不安定でした。


これらの症状はだいたい日常的に起こるのですが、特に夜にって布団に入ると、突然体中が燃え上がるようにあつくなり、多量の汗をかきます。そして、その状態が何度もあるので、あまり眠れません。


そして、一番辛かったのは、情緒不安定になったこと


普段、私はあまり感情の起伏も激しくないほうで、どちらかというとプラス思考の性格ではあるのですが…この時は、自分でもコントロールできない喜怒哀楽の激しさ。そして、ちょっとしたことでどんどんマイナス思考になり、かなり鬱鬱とした状況が続く…。


この時の私は自分でも本当にどうしようもないほど気持ちのアップダウンが激しく、イライラしていることが多く、毎日のように主人に気持ちをぶつけて、泣いていました。

毎日仕事から疲れて帰ってきて、情緒不安定な私を受け止める主人は、本当に肉体的にも精神的にも辛かったと思います。
今は本当に申し訳ないことをしたと思いますが、その時はそうは思っていても顔を見ればあたったり、思ったことはすぐに口から出ていたし、自分でもどうすることもできませんでした。


スプレキュアを2カ月ほどやったころ、副作用のことも相談し、スプレキュアから注射のリュープリンに変更しました。

スプレキュアは毎日自分で3回点鼻しなければいけませんでしたが、リュープリンは月に1度の注射だけなので、精神的にはかなり楽になりました。

もちろん同じ偽閉経療法なので、副作用はスプレキュアとほとんど同じような感じなのですが、私にはリュープリンの方があっていたようで、スプレキュアに比べると副作用は穏やかだったように思います。


それでも、注射の後は痛くて腕が上がらなくなったり、紫に内出血したり、頭痛やのぼせなど、相変わらず副作用との闘い、主人は副作用と闘う私との闘いです。



副作用はとても辛いものでしたが、治療している間は生理が止まっているので、毎月襲ってきていたあの激痛とは無縁の生活で、それはやはり嬉しいものでした。


そうこうして、ようやく半年が経ち、偽閉経療法も終了。


それから2カ月くらいして、再び生理が始まりました。



偽閉経療法終了後から今までのことは、内膜症と私~その③~に続きます。


にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ


内膜症と私~その①~

2011/10/11 Tue

こんにちは。

日本は気持ちの良い秋晴れのところが多いようですね、いいなぁ


今日は前回の日記で宣言した通り、内膜症のことを書きたいと思います。


あ、「ベビ待ちポジティ部」の活動は、ちょっと滞っておりますので(笑)しばらくお待ちください



私が

「子宮内膜症ですね。」

と、はっきり言われたのは2年前の夏です。


それまでも、色んな本やネットの情報なんかで内膜症のことを見聞きしてはもしかして…という思いがどこかであったんですが、それまで産婦人科にも行ったことがなかった私は内診に抵抗があり、なかなか病院に行きませんでした。


元々生理痛はひどく、生理痛による迷走神経反射で倒れたのは、中学生の時が初めてだったと思います。
それからだいたい毎年1回くらいは倒れていたと思います。

1日目は痛み止めが効かないことも多く、1日3回、1回2錠と決められた痛み止めも、1回に4錠や1日4回、5回と飲んだこともありました。

そして、経血量も多く、タンポンとナプキンの併用でも1時間持つかどうか…というくらいだったこともあります。

しかも、その経血もどす黒いような色で、大きなレバーのような塊もたくさん出ていました。


こんな状態で20年弱を過ごしてきた私。


社会人になってからは、リセットのたびに「いつか産婦人科に行かなきゃ」と思いながら、なかなか行く勇気が出ず、なんとなくそのままになっていました。



そんな中、私が重い腰を上げて産婦人科に行くきっかけになったのが、結婚です。


主人と結婚することが決まってから、「子宮内膜症がある人は妊娠しにくい」という言葉が、私にどんどん重くのしかかってきました。


結婚したら子どもが欲しい


その一心で、意を決して産婦人科の門を叩きました。


初めての受診でとても緊張しましたが、思っていたよりスムーズに診察は進みました。
怖がっていた内診もほとんど痛みもなく、こんなことならもっと早く受診するんだった…と思ったことを今でもよく覚えています。


そして、受診の結果は「子宮内膜症と小さい筋腫がみられる」ということで、内膜症ももしかしたら腺筋症になっているかもしれないとのことでした。


私の祖母は子宮筋腫で子宮を全摘しているので、Dr.のその言葉にとてもショックを受けました。


そして、一番気になっている「妊娠できるのか?」ということ。


Dr.は「妊娠しやすいとはもちろん言えないけど、妊娠できるはずだよ。普通の人より、少し妊娠しにくいっていうくらいだから。」と優しく言ってくれてちょっと安心。


それからしばらくは漢方で血のめぐりを良くするための治療を続けることになりました。



そして、その漢方の治療は、最初の妊娠が発覚するまで続きました。



妊娠発覚後から今までのことは、その②に続きます~




甘くなかった…

2011/10/06 Thu

こんばんは。

今日は珍しくこんな時間に更新です


昨日はポジティ部活動のことを書いて、「なんだかポジティブシンキングのおかげで生理痛も軽いわ~♪」なんてルンルン気分でしたが…。


ところがどっこい(←古い!?)、昨日の夕方から子宮の中で装甲車が地雷を踏みならしているような生理痛が・・・  
痛み止めも効きません  

しかも、出血大サービス・・・


私の内膜症ちゃんは当然ながらポジティブシンキングでは治ってはくれません。。。


でも、これでも去年偽閉経療法で治療する前よりは随分よくなったんです


生理痛も、経血量も、もちろん人と比べたことはないのでハッキリはわかりませんが、友達との会話では私はだんとつに生理痛もひどいし、経血量も多かったと思います。
今も決して軽い方ではないと思いますが、治療前と比べると雲泥の差です


なにより、治療した後は、一回も倒れていません!

治療前は年に1回ほどリセット中に倒れてました…そして、数回に一回は倒れる寸前でした…。


倒れていたのは貧血のせいというわけではなく、生理痛の酷い痛みのために起こる迷走神経反射のせいです。


治療後は、今のところリセット中に倒れることも倒れそうになることもなく過ごしているので、大分緩和されたんだなと実感しているところです。


そう言えば、このブログに子宮内膜症のことをあまり書いていないなぁと気付いたので、ベビ待ちもお休み中ですし、これからちょこちょこ内膜症のことも書いてみようかと思っています。


明日は、「ベビ待ちポジティ部」の活動を密かに計画しているので、ちゃんと実行したら(笑)またブログにupしますね


それでは、おやすみなさい


プロフィール

ごまはは

Author:ごまはは
新米ママのごまははです♪

2009年 
子宮内膜症の漢方治療開始&結婚!
  
2010年 
3月に妊娠7週目で流産。
6月から半年間偽閉経療法で内膜症の治療。

2011年 
東南アジアへ引っ越し。
7月に妊娠7週目で繋留流産。

2012年
帰国&関東に引越し。
1月に3度目の妊娠が判明。
9月に無事に元気な女の子を出産。


~誹謗・中傷等、心無いコメントはご遠慮ください~

 bebipoji1

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
コメントありがとうございます。
月別アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村ランキング



ご訪問ありがとうございます。
ベビ待ちポジティ部
「ポジティブに笑顔でベビ待ちしよう!」という活動です♪                                         前向きに楽しくベビ待ちしたい!というベビ待ち中のみなさん、                                                  よろしければ、お好きなバナーを持ち帰って、ご自分のブログに貼ってください^^
bebipoji1 bebipoji2 bebipoji3
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。